無料のeラーニングは株式会社イージスコンサルティングへ

薬の管理

誤薬とは、他人の薬を飲ませること、同一利用者に対して二重に与薬すること、服薬の日時を間違えること、与薬漏れをすることなどです。行事や外出時など与薬忘れ、配薬の間違えなど様々な要因で起こります。

誤薬防止のため、日頃より薬の管理には気をつけましょう。
それでは、介護施設における薬の管理をみていきましょう。

薬局から届いた薬は、1日分ずつに分けてセットし、医務室にて看護職員が利用者個人用の引き出し等に管理しま す。
与薬時間帯ごとに配薬ケースを準備し、日付、ユニット名を書いたメモを貼ります。セット後は、薬チェック表を用いてチェックを忘れずに行いましょう。
不眠、不穏時の頓服薬は指示内容を明記し、頓服薬専用のケースで保管します。薬の内容に変更があった場合は、職員間での情報共有を忘れずに行いましょう。

介護のひきだし(一部抜粋)

服薬、誤薬発生時の対応など服薬管理についてもっと詳しく知りたい方はこちら
介護の引き出し 情報公表制度対応教材 テキスト+DVDセット

介護

お探しの情報は見つかりましたか?
お気軽にお問い合わせください。

介護

PAGETOP
Copyright © 株式会社イージスコンサルティング All Rights Reserved.