無料のeラーニングは株式会社イージスコンサルティングへ

介護のひきだしを使った感想


 
(図や表が表示されない場合があります。その際は、再読み込みを行って下さい)

「介護のひきだし」を使ってみて

横浜市A事業所(訪問介護)

○研修方針
・研修を受ける目的やその必要性をヘルパーさんに理解させることが重要
○研修方法
・月に一度(月末の平日)、書類提出の後に30分程度の研修を行っている。
・ヘルパーさんの都合もあるので、午後と夕方の2回、開催している。
・特定事業所加算を取るためにヘルパーさんを10人くらいのグループに分けて研修を行っている。
・一斉に研修できる研修室を用意し、講師はサ責が分担して務めている。
・関連する事例などについて、ヘルパーさん同士でディスカッションをするようにもしている。
・研修を欠席したヘルパーさんは、後で電話等で呼び出し、個別に実施している。
 その結果、研修を休んでも受けさせられるのであれば・・という事で、最近は研修会の出席率が高くなってきた。
○研修実施の効果など
・月末に書類が一度に集まるので、事務処理の予定が立ち、業務の効率化にも繋がっている。
・月に一度、研修を開催することでヘルパーさんと事業所の繋がりが強くなってきた。
・ヘルパーさんもしっかりと研修をしてくれる事業所を選ぶのではないでしょうか
○「介護のひきだし」を使ってみて
・必要なテキスト部分のみをコピーしてヘルパーさんに配付できるのでとても便利
・テキストに細かな説明が書かれてあり、新人のサ責でもテキストを読んだ後、事業所の事例を話すだけで研修ができるので、重宝している。
・必要不可欠なテーマが揃っているので、研修用の資料準備がスゴく楽になった。

 

横浜市B事業所(訪問介護)

 ○研修方針
・なるべく業務の負担にならないように研修を実施する
○研修方法
・研修するスペースが取れないので、相談室にタブレットを3台置いて、そこでヘルパーさんに研修を受けてもらっている。
・ヘルパーさんの予定を調整するのが大変なので、都合がよい時に事業所に来て、研修を受けてもらっている。
・タブレットでの研修開始の操作にヘルパーさんが慣れなくて、最初は誰かが代わりに操作していた。しかし、最近では、手順書を大きく紙に書いて常備したので、ほとんどのヘルパーさんが自分でできるようになった。
○研修実施の効果など
・今のやり方は、講師を立てる必要がないので、事業所としても研修の作業負荷が大幅に減った。
・研修受講後のテストをタブレットでやっているので、自動採点したテストの結果を机のパソコンから直ぐに見ることができる。これにより、研修の管理や集計作業も楽になった。
○「介護のひきだし」を使ってみて
・研修後にテストがあるので、研修を受けるヘルパーさんも集中力が長く続く感じがしている。
・テストは何度でも受けることができるので、ほぼ全員が合格点を取っている。
・合格点を取ることでヘルパーさんも達成感が得られるようで、タブレット導入は、当初心配したようにはならなかった。ただし、テスト結果がよくないテーマや重要なテーマは、別途、補習など何らかの対応を行った方がよいかも知れない。
・ヘルパーさん個人毎の研修の受講状況やテスト結果が一覧で見られるので、研修の受講状況と処遇改善加算とを連携できないか、検討を始めている。


 

介護

お探しの情報は見つかりましたか?
お気軽にお問い合わせください。

介護

PAGETOP
Copyright © 株式会社イージスコンサルティング All Rights Reserved.