無料のeラーニングは株式会社イージスコンサルティングへ

教材について

介護のひきだし:教材構成

研修教材の構成

教材「介護のひきだし」は、訪問・通所・施設の3教材(3コース)があります。
 ・訪問介護—主に訪問介護をサービスしている職員向けの教材です。
 ・通所介護—デイサービスに通う利用者さんに入浴サービスなどを提供する職員向けの教材です。
 ・施設介護—有料老人ホーム、サ高住、グループホームなどの施設介護スタッフ向けの教材です。

同じタイトル(入浴介助、排泄介助など)でも、訪問介護と施設介護で教材は異なります。
通所介護は、訪問介護と施設介護のタイトルをミックスして構成しています。

各コースに21タイトルあり、それぞれのタイトルが研修教材と確認テストで構成されています。
 例)訪問介護コース
  1.入浴介助
    ・研修教材
    ・確認テスト
  2.排泄介助
    ・研修教材
    ・確認テスト
    
    ~

  21.多職種連携
    ・研修教材
    ・確認テスト

研修教材はタイトルによって異なりますが、平均すると1タイトル30分程度の学習時間です。
確認テストは選択式の問題が10問出題されます。

教材の一覧

教材のページ数や標準学習時間、対象職員の一覧です。
職員のレベルに合わせて、計画的に研修を実施できます。

・訪問介護

 訪問介護職員向けの教材です。生活援助などの利用者さんの身の回りの細かな介助に関する説明と共に訪問介護員の接遇・心得など、利用者さんに満足を与えるための介護職員が学ぶべき内容を網羅しています。また、利用者さん向けに食事を作る場合の留意点や食中毒、感染症などの知識は訪問介護員として知っておくべき内容です。さらに、プライバシー保護、法令遵守、非常災害時の対応方法なども欠かせません。
 下の表は、右クリックでPDFをダウンロードできます。

・通所介護

 通所介護職員向けの教材です。主に施設介護の教材を基に構成されています。
  

・施設介護

 施設介護職員向けの教材です。事故再発防止や急変時の対応など日々の介護で必要な内容をまとめています。また、リスクマネジメント・ターミナルケアなどの考え方や対応方法も含まれています。
 

 

介護

お探しの情報は見つかりましたか?
お気軽にお問い合わせください。

介護

PAGETOP
Copyright © 株式会社イージスコンサルティング All Rights Reserved.